ちぇちぃりぁ

トップページに戻る >>

お問い合わせ先 : 市民オペラちぇちぃりぁ 事務局 / info@opera-cecilia.org

みっちゃん日記

多忙大賞! (2008.6. 7)

  今日は信じられないほどの忙しさに、流石の私もアンビリバブー!と心の中で絶叫していた。朝一番のお客様を仕上げてから、 午前中はメンバーのお子ちゃまをお預かりした。預かると言ったもののちょいと心配だったので、我が母まで駆りだして身構えていたが、 そのおぼっちゃまはナント、私の顔を見るなりこちらに手を伸ばしてくれるじゃないの!?確かに、予想に反して楽な子供だったのだ。 男の子にしては大人しいし、所謂「朝寝」をするので、気は使ったがラクチンだった。この朝寝の習慣は吾が孫で経験済みだったが、 親は助かるなあ~。30分くらいと聞いていたが、結局2階の静かな部屋で寝かせると1時間以上も眠ってくれて、 下で迎えに来た母親と話していると「わ~ん」と泣いて呼んでいる。1歳と数週間でもう立ってとことこと歩き始めていて、「上手、上手」 と誉めてあげると満面の笑みで近寄ってくる。そんなわけで、今日午前中は随分と子供で癒されたなあ~。

 

 で、次なる私のお仕事は夕食に来るラオス国の方々のご接待準備。まずはテーブルセッティングからやっていると、 まだ終わってないのに、連絡もなく予定より4時間も早くいきなり夫がその4人をお連れして帰ってくるじゃあないの!ちょっと待って、 あたしゃ夕食までにまだ一つ重要な仕事があるのよ!と、言いたくもなる。(言った)しかし、来てる人達を追い返すわけにも行かず、 大急ぎでお茶やお菓子をお出しして、急遽2品目料理してから、脱兎の如く(脱豚か?)飛び出し、目指すはオペラの練習会場。 初めて指揮者登場で、どうしてもはずせなかったのだ。

 矢張り、今日の練習は行くべきだった。ただただ楽譜つらだけ見ていてはわかり得ない点をしっかり教えてくれる。 目から鱗とはこのことだ。、、ああ、しかし、全ての練習時間居られない私だった! 後ろ髪引かれながらも再び申請して予定より早く帰らせて頂く。

 帰り道で思い出した品物をスーパーで購入、急ぎ帰宅して見ると、ナント、お客様が一品料理を作ってくれている。あとで一口頂くと、 これが又絶品で、素晴らしいお味なのだ。ラオスは後進国だが、多くの物を使わず、ホントに美味しい物を作る技を持っている、 舌は先進国なのだ。やがて次々と、予定の人もそうでない人も加わって、結局は11人が我が家の狭い台所で宴会だ。 私はノンアルコールでガマンして、後から留学生を送っていく。おっとその前に、彼のヘアーをカットするというおまけまで付いた! 帰宅してただいまビールを飲んでようやく人心地が付いた感じ。これから、明日の曲をさらうつもりだが、、、ふ~っ!どっかから、 無理無理という声が聞こえてくる。、、、ホントに、音楽とは贅沢な物だ。たっぷり時間と気持ちのゆとりがあって初めて出来ることだ。、、 従って、おみっちゃんの明日は最悪だろう!

 




ご注意: 現在スタイルシートを読み込んでいないため、デザインが正常に表示できません。これが意図しない現象の場合は、新しいブラウザをご利用下さい。