ちぇちぃりぁ

トップページに戻る >>

お問い合わせ先 : 市民オペラちぇちぃりぁ 事務局 / info@opera-cecilia.org

みっちゃん日記

発表会。 (2008.6. 8)

 予定通りCantiamoは実施されたが、予想通りおみっちゃんは最悪~。まあその分、 他のメンバーはかなり良くなっている人が多くて、彼らの歌を聴いているのが楽しかった。あとからの打ち上げで同じテーブルだった先生曰く、 「歌はホントに難しい。全てのジャンルの中で一番難しいのではないか。」というご意見に、心から同感。 しかしまあ先生も後評では好きなことを仰る。私のことを、「声立派になってきました!」だと! そう言えばFさんの結婚式では、「又一段と貫禄が出てきたねえ。」としげしげと私を見たのを思い出した。くっそ~、 何も今日それを持ち出すこたぁないだろうに!「爆弾」と言われた人も居たし(まあ、これには私も納得。フフフ)

 Cantiamoは20回目だったが、ホントにみんな良くなってきている。 勉強中の人達の前で歌うといういや~なシチュエーションからくる緊張はあるにしても、それに打ち勝とうと何らかの工夫が見られるし、 教わったことを丁寧に自分の物にしている人も多い。まあお見事だったのは、殆どの人が暗譜状態だったということだ。 楽譜を見るのがどれくらい歌にとってマイナスか、ということをよく知りながら、いかんせん、 記憶力の衰退に負けてしまったおみっちゃんと違って皆さん素晴らしい!、、、と、終わった瞬間は後悔して反省して、次回こそは! と思うんだが~。それさえも忘れるようになっちまったか!?

 本日特筆すべきは、吾が従兄弟の子供T君だ。若干24歳にして、初めて声楽を習い始めて、今日がその発表会デビューであった。 殆どパーフェクトに歌ったが、一番驚いたのはいつものレッスンの時と同じ、あるいはそれ以上に上手く歌ったことだ。デビューとあって、 彼の親兄弟までが来ていたが、臆することなく歌ってのけた。私の後ろでドキドキしながら聞いているようだった彼の妹たちは歌の合間にも、 小声で「え~?お兄ちゃんめっちゃ上手いじゃん?」「まじ上手いよね?」と話しているのが聞こえる。 彼が声楽なんか出来るはずがないとふんできた彼女達は一様に驚いたようだ。4人兄弟の長男、後は全て女ばかりの過酷な(?)環境で、 「お兄ちゃん、見直したわ!」と言われて照れていたのも可愛い。このようにそのように、歌は全くの素人でも批評家になれるのだ!

 なんだかだとありながら、一応終わった。明日からシャンソンに突入だ。最後のピアノ合わせをやって、 土曜日の本番に備えなくてはならない。

 週末のシャンソンが終われば翌日はオペラ「チェネレントラ」(シンデレラ)を大阪まで見にいく事にしている。 その日友人宅にお泊まりして、、、、なんか、良いことあるかなあ?ここらでチョイと息抜きが必要だ。

 

 帰宅して我が家でちょっとお茶でもと、先生とSさんにお上がり頂いて、仕上げのティータイムをしていると夫が帰ってきて、 「ぼちぼち僕の夕飯は?」と来た。あたしゃお腹一杯でお帰りなんだけど、目の前にいたら、作らないわけにも行かない。 お二人がお帰りになるや否や息子から送ってきた日立牛での焼き肉を整える。でもって、ここからがしゃくに障るんだが、 結局お付き合いしてこちとらも食べてしまったのだ!そりゃあ、これでいつもと同じ3回の食事にはなったんだが、今日は2回でガマンしとこ、 と思っていたのがつい食べちゃったってえところが、ぐやじ~~~!ある人から頂いた沖縄の泡盛「古酒」というのもありいので、ついつい、、、 。なんじゃこりゃ。(孫べえの口癖)

 このところ、孫べえは芸が増えてきた。お肉のお礼の電話の時孫べえと話していたら、くちゃくちゃ喋ったり歌ったりしたあげく、 「しちゅれいしましゆ」と言うが早いかブチッと電話を切られてしまった。変なことはよく覚える。まあ、順調に成長しているのだろう。

 

 

 




ご注意: 現在スタイルシートを読み込んでいないため、デザインが正常に表示できません。これが意図しない現象の場合は、新しいブラウザをご利用下さい。