ちぇちぃりぁ

トップページに戻る >>

お問い合わせ先 : 市民オペラちぇちぃりぁ 事務局 / info@opera-cecilia.org

みっちゃん日記

肩こりに妙薬を! (2008.6. 9)

 ちぇち練のアト、どうにもこうにも肩が凝って眠れそうになかったので、ジムに久しぶりに行き、岩盤浴とお風呂で身体を弛めてきた。 今日は貸し切り状態の岩盤浴に50分た~っぷり汗をかき、駐車場まで少し楽になったか?と帰ってみると、あっちゃあ!室内灯が点きっぱなし! 今度のお車は、便利すぎて私にとってはムムムなのだ。ちょいと助手席の下を調べるのにスポットランプを使ったが、その場所が街灯のスグ下で、 コウコウと灯りが点いたところだった。勿論室内が暗いから使ったんだが、一旦車の外へ出ると、室内が明るいのは全然気にならなくて、 そんな電気を使ったのさえ覚えてなかった。普通の室内灯なら点灯していたら車が警告音を出してくれるんだが、 こちらの方は点きっぱなしになっても知らん顔。、、、一つ一つ失敗しながら勉強だ。

 ちぇちはこのところ会長がイタリア語に妙に拘り始めて、全員をイタリア通にしようと張り切っているようだが、どういう心境の変化か? まあ確かにイタリア語の歌を歌ってないと、発声をいくら勉強しても成長がない。 特に日本語で歌うとスグに声がバックしてしまうのが発声の難しさだ。この私も日本語でシャンソンを歌って貰っているが、 日本語の難しさから来る「不毛」の感じはぬぐえない。ちぇちの場合は、願わくば、みんながいつかイタリアに行けるとき用に、 会話も少しずつやって欲しいものだ。みんなで使えば楽しいしなあ~。第一、みんなケッコウ知ってるハズなんだ。「チャオ!」とか 「マンジャ~レ」とか「パルコ」とか「ドマーニ」なんて車の名前も多い。今度、知ってる言葉を持ち寄って貰うのも面白いかも。

 

 今日からはおみっちゃんはシャンソン一色に気持ちを切り替えなくてはならない。土曜日が発表会で、 今度はTさんが6曲歌うことになっている。本人はメチャクチャ張り切っていて、今日のピアノ合わせの時も、凄い迫力だった。 (チト迫力ありすぎでもあったが~)一人が6曲歌うという名付けて「なかま達シリーズ」も今回で7回目になって驚く。 教室のメンバーがのんべんだらりと練習しているのは、如何にも時間の浪費、かといって、リサイタルするまでにはなかなか行けないのが現状。 ならば、と発案したのが、このやり方だった。最初はみんなイヤだと言って尻込みするかと思いきや、今まで誰一人しませんと言った人は居ない。 それどころか、嬉々として練習に励み、終わった後の笑顔は最高なのだ。こうすることで、きっと達成感が生まれるのだろう。さあ、 今回はどんなことになるか、楽しみなことだ。新人も出る。その内の一人Nさんは、今まで一度も人前で歌ったことがないと言い、 カラオケさえも行かないのだそうだ。さて、どんなことになりますことやら、、、、。昨日の新星みたいにおっと驚く結果になればいいが、、、。

 

 




ご注意: 現在スタイルシートを読み込んでいないため、デザインが正常に表示できません。これが意図しない現象の場合は、新しいブラウザをご利用下さい。