ちぇちぃりぁ

トップページに戻る >>

お問い合わせ先 : 市民オペラちぇちぃりぁ 事務局 / info@opera-cecilia.org

みっちゃん日記

美輪明宏とイェルク.デームス。 (2018.2. 3)

夕食時、BSの美輪明宏の特別番組を観た。一番感動したのはまだ記憶に新しい数年前の紅白の時のもの。だから、初めて聴いた訳ではない。にもかかわらず涙が出るほど感動した。この歌唱力!そして歌に向かう姿勢!そしてそして彼の無償の愛に付いての言葉!これら全てに感動した。なんと良い番組だったことか!、、、時々この局はこういう素晴らしいものを企画してくれる。
ヨイトマケの唄の歴史はすなわち丸山明宏の歴史。日本における貧富の差が、出生における謂れなき差別が、性に対する偏見が、この歌の歌詞の前に後退して行く様が描かれていて、世の中の変化に、見る人が安堵するかの様だった。日本も捨てたもんじゃ無い、とか。
本当だろうか?
表面的にはそうかも知れない。しかし、まだまだこの歌は歌い続けて行かなくてはいけない様な気がする。決して過去のものではない様な気が、、、、。残念ながら。。。

画面に一瞬面白いものが映った。昔の丸山明宏のコンサートの記事の横に、あのイェルク.デームスの名前があったのた!年齢差がある二人の演奏家が、同じ場所で同じ頃にコンサートして、今なお活躍している!ジャンルは全く違うけど、それぞれ多くの人に感動を与え続けている!この番組を見た人のどれほどの人がこの事に気づいただろうか?おもしろ〜い!



その他の記事

2018年02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

バックナンバー(月別)

最近のエントリー

検索


ご注意: 現在スタイルシートを読み込んでいないため、デザインが正常に表示できません。これが意図しない現象の場合は、新しいブラウザをご利用下さい。