ちぇちぃりぁ

トップページに戻る >>

お問い合わせ先 : 市民オペラちぇちぃりぁ 事務局 / info@opera-cecilia.org

みっちゃん日記

笑う門にはズボンのフックが壊れる。。。の巻。 (2018.6.21)

いやあ、一年分笑ったかも知れない。心配された余震も無く、無事京都一泊の旅は終わった。

危惧していた通り、高速バスでは、「声を落として下さい」と注意されるなどあったが、途中のトイレ休憩では、「あんなこと言ったって、リラックスするために旅行してるんだから、少しくらい良いでしょうに!」「大体、なんで他の人たちはあんなに静かなの?」「それがそもそもおかしいよね?」「何時間もよくあんなに黙んまりで乗ってられるわねえ。」「一人の人が多いわねえ、そういえば。」etc,etc,etc。オバタリアンは、めげない人種だ!実は足が不自由な人が居たため、一番前の列に陣取ったので、運転手さんの耳には相当うるさかったんだろうなあ。フフフ。

目的の一番はK女史の還暦コンサート。勿論それは素晴らしいコンサートで、2時間歌いっぱなしでも疲れを見せず、段々良く鳴る法華の太鼓じゃないが、実際ラストになるほど声が透き通ってきて、とても60歳とは思えなかった。アンコールの一番最後に、寂聴さんの詩に曲を付けたものを歌ってくれたが、複雑でも何でもない言葉にもかかわらず、聞きながら涙が流れた。音楽の力は凄い。そして美しい声には神仏が宿る。

 

宿泊したホテルがこれ又素晴らしいホテルで、そうであることは初めから聞いてはいたが、想像以上だった。設計士のセンスが細部にまで行き届き、緑の中に違和感なく溶け込む豪華な佇まい。水を多用していて、それが又落ち着く。ここはヨーロッパか?と見まがうばかり。浴場が又素晴らしい設計で、溢れる緑を目にいつまでも浸かっていたい気持ちの良い温泉。夜と朝、二回入ったもんだ。しか~し。ここで一大ハプニング。

まあ、今回も何時ものようにドジ大会になるだろうと、予想はしていたが、こうまで予想が的中するとは!?色々あった中でも特大のハプニングがこれだ。

朝風呂はステキだ。空いていて、ゆったりと湯殿に浸かり、朝の空気とと優しい風に吹かれご機嫌な我々。お風呂意外にもサウナは勿論色々珍しい部屋がある。流線型の石のベッドがいくつもある部屋があり、扉に「熱気、、、なんたら」と書いてある。入って見たらこれがなかなかにステキ。時間があれば永く居たい場所だった。熱くもなく、息苦しくもならない設計の部屋。

先に上がっていた我々二人にYさんが上がってきて言うことニャ、その部屋に入ろうとしたら暗くてどうやって寝っころべば良いかさっぱり分からず、とりあえず横になって見た。しばらくたってもちっとも暖かくも熱くもなく、なんだろう?と思っていたら誰かが入って来て驚かれたらしい。実はその向こう側にもう一枚扉があり、実際はそこを再度開けて部屋に入るべきだったわけだ。本人曰く、「簡単に言うと、玄関先で寝っ転がってたわけよ!」ギャハハハハ!と後の二人がお腹を抱えて笑ったのは言うまでもない。余りにおかしくて、部屋で待っていたMにすぐさま報告して、再度笑い転げたという次第。Kさん曰く、「私、人生でこんなに笑ったことない!」だそうだ。

小雨が降っていて、それも風情はあった。一カ所くらいは観光地を回ろうとなり、タクシーで三十三間堂に行く。ここは久しぶりだった。なんとなく懐かしい思いがして、ゆっくりと見て回る。幸か不幸か自分の顔に似た仏像にはお目にかかれなかったが、、、、、。唯一同行の義妹にそっくりな仏像は見つけた。一度そう思うとそうとしか見えなくなる不思議。

外はまだ小ぶりで、傘を差しつつ京都駅までそぞろ歩きをと移動し始めた。するとすぐに古い建物のお菓子屋さんが目につく。ランチもやってるというので、中に入ってお昼ご飯。ワタクシはプラスかき氷、ときたもんだ。

同じ部屋で、カナダに住んでいるというイタリア人の若者と出会う。国際アニメ美術館に行くんだとか。その人との会話は全て海外によく行くYさんとKさんがやって、お店の人を助けたりもしていた。やっぱり語学が堪能だと良いなあ。流石京都は国際色が豊かだ。

 

帰宅してからどんと眠ったのだが、朝はFMの収録。その後市民劇場の事務局にチケットを取りに行ったりと移動に次ぐ移動。余りに疲労感がつのってきたので、○○タウンへ行きマッサージ。夕飯もそこで調達して帰宅。

同行メンバーと電話やメールで無事を確認。Yさんは名句を送ってくる。

「動くのは口だけとなる旅の午後」

 

こちらは笑いすぎて、パンツのフックが壊れ、新しく購入。参った!



その他の記事

2018年06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー(月別)

最近のエントリー

検索


ご注意: 現在スタイルシートを読み込んでいないため、デザインが正常に表示できません。これが意図しない現象の場合は、新しいブラウザをご利用下さい。